いくら安くても

一人暮らしのとき、かなり安い金額で引っ越しを頼みました。
作業員は二人で、1人は運転と積み込み、もう1人が搬出という役割でした。
ただ、搬出の人は見るからに慣れていないアルバイト。
二人でやればいいのに、と見ていました。
1人で結構な量の荷物をアパートの二階から運び出すのですが、疲れてとうとう押し入れ整理ダンスを階下に落としてしまったのです。
タンスは破損してしまうし、困ったのは「もうやだ」といってそのアルバイトのコが泣き出してしまったこと。ここで去られては引っ越しはどうなるのか!
さすがにその日は最後までやってくれましたが、もうこの業者はやめようと思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ